02 Octオレンジ・ティラミス

range tiramisu

ティラミスはイタリアのビスコッティとマスカルポーネチーズを使って作るデザート。焼かないで作るの日持ちはしないけれども、材料さえ手に入れれば、とても簡単に家庭で作ることができる。通常は、エスプレッソを使って作るのだが、今回作ったのは、オレンジの果汁を使って作ったオレンジのティラミスだ。ティラミスは、ビスコッティに少しばかりアルコールの効いたシロップを含ませるのが普通だが、苦手な人は入れなくてもいいだろう。

——–材料——–

  • オレンジ3個
  • オレンジママレード
  • オレンジ・キュラソー(好みで)
  • 砂糖 30g
  • ビスコッティ 15個
  • 卵4個
  • 砂糖60g
  • マスカルポーネ・チーズ 500g
  • ココア(無糖)

——–作り方——–

  1. オレンジシロップを作る。オレンジの皮1個分はゼスターで摩り下ろす。1個分は柚子の皮を剥くように表面を薄くそぎ落とし、飾り用に千切りにする。オレンジは半分に切り、果汁を150ml絞っておく。

  2. 1.のオレンジの果汁と砂糖、オレンジキュラソーを小鍋に入れて中火にかけて煮立たせ、砂糖をとかしておく。最後にママレードと摩り下ろしたオレンジの皮を加える。

  3. 卵の卵黄と卵白にわける。卵黄に砂糖を加え、泡だて器で、白っぽくなるまで混ぜ合わせる。

  4. 4.の卵黄にマスカルポーネを加え、さらに混ぜ合わせる。

  5. 卵白を泡立ててメレンゲを作る。角がたつくらいになったら、5.のマスカルポーネに2回に分けて加えてさっくりとまぜあわせる。

  6. ビスコッティを2.のオレンジシロップをさっと浸した後、器に敷き詰める。

  7. 7.の上に5.のマスカルポーネを流しいれたら、ココアとオレンジの皮で表面を飾る。

  8. よく冷やしてから、盛り付ける。

orange zest

香づけにオレンジの皮を使う。オレンジの皮は、ゼスターと呼ばれる専用のおろし金を使うと簡単に摩り下ろせる。日本のおろし金では目が細かすぎて汁っぽくなってしまう場合が多い。右は飾り用に千切りにしたもの。

 

egg yalks

卵黄と砂糖を泡だて器で白っぽくなるまで混ぜ合わせる。

egg yalks and mascarpone

卵黄にマスカルポーネを加えて混ぜ合わせる。

egg white

卵白を角が立つまでまで泡立ててメレンゲを作る。

tiramisu

卵白とメレンゲを2回に分けて加えて混ぜ合わせる。

tiramisu

チーズクリームの完成

orange tiramisu

ビスコッティにオレンジシロップを浸しながら、キャセロールなどの四角い器に並べていく。あまり多く浸しすぎると崩れ易くなるので注意する。

orange tiramisu

最後に残ったママーレードなどを上からかける。

tiramisu

マスカルポーネで作ったチーズクリームを上から流し入れる。

tiramisu

表面にココア飾る。

orange tiramisu

最後にオレンジの皮を飾って、冷蔵庫でよく冷やす。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.